【ヒアルロン酸注入で豊胸した人への脂肪注入ガイド】リスク回避のための手順についてのコラム。

  1. コンデンスリッチ豊胸(ほうきょう)TOP
  2. 豊胸コラム
  3. ヒアルロン酸注入で豊胸した人への脂肪注入ガイド

豊胸コラム

ヒアルロン酸注入で豊胸した人への脂肪注入ガイド

ヒアルロン酸豊胸後に脂肪注入を選択する理由

ヒアルロン酸豊胸後に脂肪注入を選択する理由

ヒアルロン酸豊胸を経験後、脂肪注入で豊胸手術される方がたくさんいらっしゃいます。当院へその相談に来られる方の主な理由としては、次の3つがあげられます。
まずひとつが「すぐ元のサイズに戻ってしまった」というもの。これはヒアルロン酸による豊胸の特徴のひとつなのですが、一度バストアップを経験したことでサイズをキープしたいと考えるようになるのは、不思議なことではありません。
次に多いのが「ヒアルロン酸が思ったより硬かった」という理由。また、安全性の高い脂肪注入技術の普及が関係しているのでしょうか、ヒアルロン酸豊胸のしこり除去と同時に脂肪注入豊胸を選択される方も少なくありません。

安全に脂肪注入豊胸のために必要なヒアルロン酸除去

安全に脂肪注入豊胸のために必要なヒアルロン酸除去

このように、ヒアルロン酸注入の豊胸施術を受けている方に脂肪注入を行う場合、気をつけなければならないことがあります。それは、乳房内に残っているヒアルロン酸の塊に脂肪を注入しないようにすることです。もし注入してしまうと、ヒアルロン酸内には血流がないためその脂肪は壊死してしまい、しこり(のう胞)として残ってしまいます。
しかしヒアルロン酸が残っているか、それがどこなのかまでは、触診だけでは判断できません。そのため当院では、脂肪注入の豊胸手術を行う前に乳腺用エコーで乳房内の状態を診断。ヒアルロン酸が少量ならエコーで視覚化しつつ避けて注入すれば問題ありませんが、大きな塊で残っている場合は、同じくエコーでその塊を目視しながらヒアルロン酸へ的確に溶解液(ヒアルロニダーゼ)を注入します。時には溶けてジェル状になったヒアルロン酸を吸引、除去することもあります。
ヒアルロン酸のしこりを除去してからの脂肪注入を希望される方も、同様の方法で安全に手術することが可能です。

コラムのポイント

  • 残っているヒアルロン酸内に脂肪を注入すると壊死してしまう
  • 脂肪が壊死してしまわないよう、大量に残ったヒアルロン酸は事前に除去
  • 的確に除去するためには、エコーで目視しながらの施術が望ましい

ボディデザイン・他院の修正のご相談はこちら

ご相談から施術・術後までドクターが責任をもって行います

  • 無料ドクターメール相談24時間以内に返答いたします
  • 無料カウンセリング予約初診・再診も無料です
  • THE CLINIC 東京
    0120-60-3929+81-3-5775-3400(海外から)
  • THE CLINIC 横浜
    0120-88-3929+81-45-548-3106(海外から)
  • THE CLINIC 名古屋
    0120-05-3929+81-52-955-8366(海外から)
  • THE CLINIC 大阪
    0120-77-3929+81-6-6313-0015(海外から)
  • THE CLINIC 福岡
    0120-98-3929+81-92-732-3155(海外から)

お問い合わせ

  • THE CLINIC 東京 0120-60-3929
    +81-3-5775-3400(海外から)
  • THE CLINIC 横浜 0120-88-3929
    +81-45-548-3106(海外から)
  • THE CLINIC 名古屋 0120-05-3929
    +81-52-955-8366(海外から)
  • THE CLINIC 大阪 0120-77-3929
    +81-6-6313-0015(海外から)
  • THE CLINIC 福岡 0120-98-3929
    +81-92-732-3155(海外から)
  • 無料ドクターメール相談
  • カウンセリング予約

トラブルにご注意ください 正規プロセスは証明書で確認できます 詳細はこちら